<< モンゴウイカが巨大だった | main | 2015/9/5 鹿島沖夜ムギイカ忘備録 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

3時間しか浮かべなかったがイカは釣れたのか!?

GW前半、4/29は勝山からアオリで出た。

いや〜、ほんとズタボロにやられた1日だった。


あちこちあれこれ攻めるもぜーんぜん乗らず触らず。

「イカダメだぁ〜!」

周りで鳥が騒いでいたので久里浜沖まで追っかけていくも、S氏のバイブレーションにイナワラが1尾。

戻って再び浅場でブン投げると同乗者にマダコと、S氏にのみイカが抱いた。

4/29はこれでおしまい。

久々にやっちまった、イカ完全オデコですわ。

1日必死こいてしゃくるも、ただの1度のアタリもないの。

アタリ0。ゼロ。

・・・まいるよね〜。





このへこみは1週間引きずった。
この時期のアオリは、こういうことを毎回覚悟しなきゃいけないんだけどさ。。。
それにしてもツラかったわ〜。

後の情報。
浅場で粘ってた船はいくつか獲ったらしいから、鳥のケツ追っかけずじっくり攻め続けりゃよかったんだよね。

はいはい、タラレバタラレバ。


そんなかんじで5/10館山。

9時から風吹いてヤバいとの予報も、朝はベタナギそのもの。

ベイトがあちこちにモジっていて、やや濁り気味の水面をみるとそれらの魚群がぶわ〜っと。

濁り以外はイケそうなんだよね。

ティップランは終わり!ってことで浅場でキャスティング。

流し替えの数投目、しゃくろうとしたラインが不自然にすーーーっと走った。

!!!???

反射的に合わせるとずしーーーっとキタコレ!

前回いつ釣ったか忘れるくらいの引きと重み。

はぁはぁ、イカやイカやイカや〜!

きつめのドラグからラインがジジジーッと出ていく。

う、う、うれしい・・・。

アオリ1.2kg
遠近感で小さく見えるけど余裕でキロアップ。

ホントにホントにうれしくてうれしくて、おっちゃん涙出てきたよ。

釣れてこんなに嬉しかったイカ釣りも久しぶりだ。


のち、すぐS船頭も1つ上げた。

それからビシバシ連チャン!!!・・・だと最高なんだけどね〜。


9時ごろに大風が吹くという予報の通り、8時ごろからザワザワ〜ッと。

こりゃ急いで狙って行くベとあちこち走って、S船頭がティップランでドーン。

狭いポイントで急いで狙うも、自分には乗らず。

「ギリギリまでキャスティングでやってみるべ」

暴風シケの中、流されないようパラを入れて気合のキャスティング。

風下に投げるとビュイ〜ンと良く飛びますわ。

しっかりしゃくって、できるだけ自然なフォールを、と。

しゃくった後ついラインを張りたくなるんだけど、これはあんまりよくないみたい。

ロッドやラインが風に翻弄される中、オホッ!乗った!

モンゴウだった。

美味しく食べるよん♪

風は激しさを増すばかりで、浮かんでいるものだんだんヤバくなってきた。

「これでラストにしよう!」

ラインスラックを巻き取らず一瞬テンションが掛かる程度のKSJで・・・キタコレ!

オーラス700gサイズ。

顔射!
抜き上げようとしたら思いっきし顔面に食らってしまった(photo by 魔王S)

墨食らったわりにはエライ楽しそうやな。

9時。

一旦陸に上がり、昼にはナギるという予報を信じて待ってみるも風は一向に止むことはなかった。

11時ごろまで粘ったがギブアップ。

まあこの悪条件の中、イカの顔見れただけでもバンザイでしょ。

ポイントを熟知してる船頭のおかげ♪

それにも増しておれのウデのおかげ♪w


さあ次こそは2kgサイズをドドーンと!

アオリファイナルシーズンがんばりましょう!

 

at 16:13, ガー, イカとか

comments(3), -, pookmark

スポンサーサイト

at 16:13, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
つぼっく, 2014/05/18 5:13 PM

しかし派手にやられましたね。おっちゃんの泪は黒かった。ってことで

マッちゃん, 2014/05/19 11:02 PM

うんうん解かる解かるよ。
アオリのアタリが懐かしい・・・(笑)

ガー, 2014/05/20 6:50 AM

>つぼっくさん
墨掛けられるのって、猪木のファンがビンタされたい気持ちと同じのような、ないような・・・w



>マッちゃん
完全オデコは精神的に相当堪えますね・・・。

「明日幸せになる人は、今は不幸でないといけない」
ラジオで聞いたけど、あながちハズレともいえませんね〜。