<< サメに出直してこいと叱られた | main | 内房アオリ開幕しましたよ♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

小鯛バンザイ!つ抜けバンザイ!

9/15、大原真鯛。


3連休初日はお馴染み勝晃丸の午後船に乗った。


京葉道2か所の渋滞は相変わらずで、

外房どひゃ降り
ようやく外房に出ると突然の豪雨が。

以前、ヤックスに着いた途端土砂降りにあってその日は貧果に終わるというウツな記憶がよみがえる。

と、港そばのセブンに着いた途端ピタリと止んだ!


「おお〜、雨やんだ。グフフ、これはイケるかも・・・!?」


今回は珍しくアキラが仕事で不在。いつもの錦糸町の方々も不在、ということで寂しい船上になっちゃうなぁと思いきや。

船は左舷ミヨシから自分、先生、ピンのお客さん、右舷には魔王S氏、D社H氏、お連れさんとで、これが全然静かではなかったw


魚の食いは、あ〜、

最初はあれだ、某S氏が「あはは〜ノルマたっせ〜!鯛いるよ♪」とわざわざ振り返っておれに見せつけることから始まった。

こちとらエサも取られない。

小鯛止まりだがポンポン抜き上げる背中のS氏からは不穏なオーラさえ感じる。


水深はだいたい20m〜40m。

裏の人が魚獲っちゃうからこっちまで回ってこねーし。


「わ〜っ!触るのに乗らね〜!」


「イカじゃねーんだから。掛けてくだせーよ!獲ってナンボですよ〜!」


「ガーさん!かなり上だよ!浮いてる浮いてる!」


「う、上って言われてもなぁ〜。当たんねーし」


「がはは〜、出だしはまずまず〜♪」


「はぁ〜、釣れねった」


また今回もショボショボで終わっちゃうのか?


何度目かの潮回りの後、軽くテンションをかけていたラインがフワフワッと!?

ふぬっ!

ガッシと合わせるとスココココーン!

はぁ〜やっと来た。

手の平より一回り大きいくらいの真鯛だが、本命は本命!

オデコ逃れた〜。←このポジティブさ大事ね。

よーし、今だ今だ!


釣れているときはやたらと手返しの早いアキラに見習い、そっこーでエビを付ける。

着底間際でククッと!

むはは〜!2匹目〜!
小鯛2
小さいながらも、真鯛の引きってグググーッと鋭くてホントに楽しいね♪

食い気のある鯛がたくさん船下にいる今、まさに今釣らないと後がない。

急げ急げと手返し重視でバンバン投入を繰り返す。

隣の先生も1投1匹の連チャンモードに入った。


ただ、食う魚のサイズが小さいためか、ハリ掛かりに至らないのも多くそのたびに尻もちを搗いたり歓声が上がる。


某S氏の言うとおり、魚の活性が高いのかフォール途中で食ってくることが多くなってきた。

ただ潮が強烈な2枚潮で、ラインが相当たわみながら落ちていくのが厄介だった。

Cの字にたわんでいるだろうラインの微妙な変化が分かれば、ガシッ!と合わせて掛けることができた。

それが分からないといつの間にか着底してて、頭の中???だらけになってしまう。

着底ラインの色を憶えておいて、その辺の数m上からテンションフォールでガシッ!バシッ!


むははははははははh!!!


小鯛4

2匹が4匹になり、4匹が夕暮れまでに11匹にふえた!


やった〜!


鯛でつ抜け!!!


大きくてもキロ未満だったが、数釣れるっていうのがたまらなくこの上なく楽しかった。


小鯛が釣れるたび

「次こそサイズアップの出世街道!大鯛とは言わない!せめて中鯛来い!」

と海に呼びかけたのに、相変わらず小鯛のラッシュ。

たまにはベラやウマが邪魔をしたものの食えばほとんど小鯛ばかり。


「マズメにもしかしたら中大鯛のラッシュあんかもしんないからさー、そんときにエサ残しときなよ〜」と船長。


おお、そうだ。

肝心なときカチカチに凍ってるの溶かしてたら間に合わん。

みんなある程度一休みしつつ、マズメの大鯛祭りにエサも気力も温存したのであった。


陽も傾き始め、さあこれからマズメの大鯛タイムだ!と皆が鼻息を荒くした。



「いつでもかかって来いやー!!!」



さあ!ほら!ほら!食え!食え!





んが、んが、んあが・・・。



先ほどの小鯛が入れ食いだったポイントはいつの間にか2.4ノットの激流の潮が差してきてしまい、泣く泣く移動となってしまった。


新たなポイントでは小鯛を2枚ほど追加してジエンド。


なにしろ、ここもとんでもなくキツイ2枚潮で、どうにもオレのヘッポコじゃ太刀打ちできなかった。


チビ鯛4キロ未満2
小さくて元気のいいヤツは潮回りの際どんどんリリースして、最後キープは小鯛4、キロサイズ2で終了。


バット1杯分
全部がバット1杯に収まるってのが悲しい小市民でつ。


潮回りのとき、魔王S氏のまねして船上でウロコ&ハラを処理していたので、帰宅後も楽々だった。

翌日は晴れ時々雨というアヤシイ空模様。

最初は冷蔵庫干しと諦めた干物も、
小鯛は干物
午後のピーカンの夏名残に当てたら数時間でイイ感じに干すことができた。



他、あれから2日寝かして食べた刺身のまぁ美味いこと!


ちっせーからすぐ無くなっちゃうんだけどさ、「腐っても鯛」なんてバチ当たるわ。

ほんとに美味しかった。


ところで、おれはいつになったら大鯛が釣れるのだろうか・・・。


at 21:57, ガー, 真鯛とか

comments(7), -, pookmark

スポンサーサイト

at 21:57, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
テラ, 2012/09/19 12:33 AM

(笑)ほんと楽しいすよ♪やっぱり面白い♪
文章すよ&#8252;バシバシ掛けてて楽しそうすよ(^-^)/
そして、自分もみならい、バシバシ掛けれるようなりたいすよ〜♪(≧∇≦)

ガー, 2012/09/19 6:32 AM

>テラちゃん
遠征ぽしゃって残念でした。
他人事ながら楽しみにしてたのにな〜。

数釣れるのはホント楽しい!

けどもちっと大きいのがねぇ〜。

アキ, 2012/09/19 3:13 PM

つ抜けおめでとうございます(笑)


魚が釣れるとブログが元気いっぱいだね〜(^O^)


まあ大きいのその内釣れるから〜頑張ってちょ〜(笑)


次の日は細矢さんに完敗でした〜(;_;)

(S), 2012/09/20 7:20 AM

ガーさん小鯛釣りも楽しいですね。

ホールで中るから面白いかった。

さてソロソロ行きますか?

ムニュと触るあの子に会いにね。


ガー, 2012/09/20 7:57 AM

>アキラくん
小鯛しか掛からなかったけど、元気のいいアタリにずいぶん癒されたよ。
おっきいのは…やっぱ通わないとダメだよね〜。



>魔王Sさん
あの2枚潮で一時はどうなるかと思ったけど、なんとかラインが止まるアタリをいっぱいとれたよ。
さてー。
ムニュッと触るかわいこちゃんだけど、湾奥の青潮はとんでもないことになってるよ。

釣りきちフナッチ, 2012/09/28 1:59 AM

ツ抜けやりましたね−
前回干物にしましたが
グーな味でしたよ−^^
次回は勝山でご一緒ですかね

ガー, 2012/09/30 4:25 PM

>フナッチさん
干物、そのままでは少ししょっぱかったですが、お茶漬けにすると最高でした。