スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

2015/9/5 鹿島沖夜ムギイカ忘備録

やべえやべえ。



これほど放置するつもりはなかったんだけど、飽きたスマホのゲームみたいにいつの日かパッタリと開かなくなってしまった。



この釣りに関してのブログは、一通り経験して数年回ったかんじでストップしたんだろな。



他はツイッターやフェイスブックでちょこちょこやってるし。





ん〜、そうだな、43歳になって記憶力もだいぶなくなってきたから、このブログは『釣りの忘備録』としてこっそりやってこうかな。





そんな感じの2015年9/5土曜日。やっとこさのナギ。

お盆は休み明けの能登キジハタは釣れたけどその夜のアカイカはシケ中止。全米が泣いた。



続いて8/29土曜、鹿島の夜ムギイカもシケで中止。
ヤケ酒確定。




3度目の正直とばかりに決めた翌週9/5、連れなしソロ釣行。



鹿島 say丸 夜ムギイカ 集合16時。



到着14時。小屋の席札4隅はなく、左トモ2番目をとる。



結局片舷8名ずつ、計16名で出船。大型船なのでコミコミでもない。常連さんいわくここは定数打ち切りで他はガンガン詰め込むからアウトだとか。



氷は細長いの。袋破れてる。なければもらっておこう。下船後もくれる。



ポイントまで1時間強。遠い。東の向かい風だからか?



仕掛けは14cmのプラヅノ5本直結。



オモリ100号、船長マイク指定。



パラ流し、タナは・・・忘れた。



たぶん70mより上とかか(水深は100くらいあると思う)。



のち「55mであがったよ〜!」とのマイク。



落とすと、45くらいでガツガツと違和感。



60くらいで止めて中〜高速で電動巻きじゃくり。



ウイーン、キュ、ウイーン、キュ、と下げるときに目印見ながら仕掛けが下がらないように。



落とし込みのときガツガツと違和感があったタナでグイッとイカの乗り。



ほぼ単発。追い乗りなし。



最高3杯掛け。ムギイカなのにすごく重い。



隣のおじさんはしゃくりがどへたすぎて20杯ほどか。



ほぼ45mに集中してたけど、うわずってきた20mでも乗るし30mでも違和感あったり。



その違和感でフリーの落とし込み&シャクリでドーンとか。



イカは確実にツノを見て抱きに来てる。



人がそれに気付かず掛けられないだけ。



違和感が明らかにサバということもあろうが、止めて攻める価値はある。



ほぼ単発だが、中盤は20〜40mのタナほぼ入れ乗り。ひたすらイカ釣りマシーンとなる。



2.5cmのスッテより14cmプラヅノ最強。





30杯くらいで疲れてくる。飯もかねて一服。



24Lクーラーに生きてるイカを入れてその上から麺つゆ2本。沖漬けを作る。



氷は袋が破れてないことを祈る。自作のペット氷もすぐ溶ける。帰りセブンで板氷追加。←これ大事。
氷単体はジップロックに入れての保冷。


上がったイカだけは別の袋に。

トップ90数杯。60杯超はムギイカ数年振りにしちゃ合格合格サクラサク。

金沢と福井に沖漬け送る。冷凍便で送料各1000円ほど。








後半はしばらくアタリが遠のく時間もありつつ同様に釣って計60杯ほど。



一つスッテはミヨシのお兄ちゃんが終日で20杯。



実際サバが多すぎでイカ釣りにならん。



思うに、14cmプラヅノ型のヘビーヅノ直結でイケるでしょ。



オモリもかねる重い14センチのツノ(タダのオモリじゃつまらん)に直結で2本もつければ『超ライトタックルムギイカ直結3本』とかイケルと思う。←数年後にはきっとどこかが製品化してるw





もう台風きてるし週末ムギはきびしそうだし、まずはムラサキイカで試してみるか。



それにしてもソフトバンクの電波相変わらずクソすぎ。

出港して20分で圏外だわ。



んなかんじ。



at 22:37, ガー, イカとか

comments(2), -, pookmark

3時間しか浮かべなかったがイカは釣れたのか!?

GW前半、4/29は勝山からアオリで出た。

いや〜、ほんとズタボロにやられた1日だった。


あちこちあれこれ攻めるもぜーんぜん乗らず触らず。

「イカダメだぁ〜!」

周りで鳥が騒いでいたので久里浜沖まで追っかけていくも、S氏のバイブレーションにイナワラが1尾。

戻って再び浅場でブン投げると同乗者にマダコと、S氏にのみイカが抱いた。

4/29はこれでおしまい。

久々にやっちまった、イカ完全オデコですわ。

1日必死こいてしゃくるも、ただの1度のアタリもないの。

アタリ0。ゼロ。

・・・まいるよね〜。





このへこみは1週間引きずった。
この時期のアオリは、こういうことを毎回覚悟しなきゃいけないんだけどさ。。。
それにしてもツラかったわ〜。

後の情報。
浅場で粘ってた船はいくつか獲ったらしいから、鳥のケツ追っかけずじっくり攻め続けりゃよかったんだよね。

はいはい、タラレバタラレバ。


そんなかんじで5/10館山。

9時から風吹いてヤバいとの予報も、朝はベタナギそのもの。

ベイトがあちこちにモジっていて、やや濁り気味の水面をみるとそれらの魚群がぶわ〜っと。

濁り以外はイケそうなんだよね。

ティップランは終わり!ってことで浅場でキャスティング。

流し替えの数投目、しゃくろうとしたラインが不自然にすーーーっと走った。

!!!???

反射的に合わせるとずしーーーっとキタコレ!

前回いつ釣ったか忘れるくらいの引きと重み。

はぁはぁ、イカやイカやイカや〜!

きつめのドラグからラインがジジジーッと出ていく。

う、う、うれしい・・・。

アオリ1.2kg
遠近感で小さく見えるけど余裕でキロアップ。

ホントにホントにうれしくてうれしくて、おっちゃん涙出てきたよ。

釣れてこんなに嬉しかったイカ釣りも久しぶりだ。


のち、すぐS船頭も1つ上げた。

それからビシバシ連チャン!!!・・・だと最高なんだけどね〜。


9時ごろに大風が吹くという予報の通り、8時ごろからザワザワ〜ッと。

こりゃ急いで狙って行くベとあちこち走って、S船頭がティップランでドーン。

狭いポイントで急いで狙うも、自分には乗らず。

「ギリギリまでキャスティングでやってみるべ」

暴風シケの中、流されないようパラを入れて気合のキャスティング。

風下に投げるとビュイ〜ンと良く飛びますわ。

しっかりしゃくって、できるだけ自然なフォールを、と。

しゃくった後ついラインを張りたくなるんだけど、これはあんまりよくないみたい。

ロッドやラインが風に翻弄される中、オホッ!乗った!

モンゴウだった。

美味しく食べるよん♪

風は激しさを増すばかりで、浮かんでいるものだんだんヤバくなってきた。

「これでラストにしよう!」

ラインスラックを巻き取らず一瞬テンションが掛かる程度のKSJで・・・キタコレ!

オーラス700gサイズ。

顔射!
抜き上げようとしたら思いっきし顔面に食らってしまった(photo by 魔王S)

墨食らったわりにはエライ楽しそうやな。

9時。

一旦陸に上がり、昼にはナギるという予報を信じて待ってみるも風は一向に止むことはなかった。

11時ごろまで粘ったがギブアップ。

まあこの悪条件の中、イカの顔見れただけでもバンザイでしょ。

ポイントを熟知してる船頭のおかげ♪

それにも増しておれのウデのおかげ♪w


さあ次こそは2kgサイズをドドーンと!

アオリファイナルシーズンがんばりましょう!

 

at 16:13, ガー, イカとか

comments(3), -, pookmark

モンゴウイカが巨大だった

一気に書くぞ。

で、3/30の館山もシケでお流れ。

タックルボックスの生還で運を使い果たしたなこりゃ。

まあ春はよく風が吹くからね、なかなか難しいんだよね。

そしてそして、ようやく先週のか。

4/12館山。

朝一、なんと1投目1しゃくり目にドーン!!!

のち、良型アカイカや2kgの巨大モンゴウなどドンドーン!

この自己新モンゴウを上げたあとは自分だけパッタリ釣れなくなってしまった。

Hさんが昼寝からむっくり起きて連チャンにつぐ連チャン。

魔王は相変わらず安定してるし。

悔しいけど参りました〜。

モンゴウ2キロ
(↑自分のツイッターより @kagawapin9

アオリは思ったように釣れなかったけど、好きなモンゴウが自己新いったのでヨシとしますか!

で、昨日、4/19はまたもやシケ中止。


あ〜あ。


今年は2kgのアオリ獲れるんやろか。

少し焦ってきた。


 

at 12:50, ガー, イカとか

comments(4), -, pookmark

谷間男の汚名は返上するぜ

3月1日は館山アジロ。

前日まで予報が悪くムリかな〜と思っていたが、午前中くらいはイケそうだと。

重く低い雲が垂れこめ、暗〜い中を出船。

しかし、風はそよそよで釣りやすそうだ。

「天気悪いけど空暗くてイカ釣れそうだね♪」

「うん、イケそうだね!」

まずは魔王がドーン!

いきなりキロサイズ。

よしよし、イカの反応良好!


朝一、いつもはステイ後5秒くらいで次の動作に入る。

スレてない活性の高いやつを効率よく獲るため。

ところが、イマイチ触ってくれないのでしばらく待ってみることにした。

これが良かった。

5、6、7・・・

・・・!!!

500〜600gくらいだが、ポンポンと乗ってきた。

そして魔王にはまたもやキロサイズ!

「なんだ、そっちでけーな」

「選らんで釣ってるからさ♪」

「はあ!?」


それにしてもなんか今回はティップの動きが妙だ。

「・・・ひょぅっ!」

底潮の加減?と思っていると魔王が奇声を上げた。

「マルイカだよこれ、触ってくる〜!!!」

ほう!そういうことか!ならば仕掛けをアレにしるべ!

そっこーで2人ともアオリとマルイカ両方狙える仕掛けに変更。


うはは、一発でマルイカ乗ってきた。

見ると、ずっと沖に勝山のマルイカ船がお客さん満員で浮かんでいた。

あっちは深場だけど、浅場にも乗っ込んでくんだね。


着底乗りでエギにもマルイカが掛かってきたり、高活性のイカ釣りは楽しい。

すると魔王に長ーいイカが!?

ヤリだ!

アオリにマルにヤリ♪

まさにイカ三昧や〜♪


見る見るイケスの中がイカで埋まっていく。
イカ
このまま行けばアオリはつ抜けて、プラスマルイカ&ヤリでウハウハなんじゃね!?

誰が谷間男じゃ〜!

完全復活じゃボケー!


アオリも4つ5つ6つと数を重ねていき、気分良くイケスを眺めていると・・・

びゅう〜〜〜!!!

風が吹いてきやがった。

海保のデータで8m。

これくらいの風ならなんともないが、大きなうねりが出てきてしまった。

うねりのある中ではエギが安定せず、今まで釣れたためしがない。

案の定、ぜんぜん乗らなくなってしまった。

せっかく乗ってたのなぁ、泣く泣く退散せざるをえなく・・・。


10時に涙の撤収。

イカたくさん
6時すぎに出船し、正味3時間ちょいでこれくらい釣れれば、上出来でしょう!


ということで、谷間男の汚名はぜーんぶ返上でヨロシク!

 

at 12:38, ガー, イカとか

comments(5), -, pookmark

館山はサバ祭りだった

あ〜、ブログサボってたな〜。

釣りに行ったらサクサク書かないとね。

忘れちゃうんだよな〜。

というわけで、写真から推察することに。


2月1日は館山から4名で出船。

魔王船頭の他、
アジロ
Qさんとゆうかつさんも乗った。

2月の超厳しいアオリを攻めるなんぞ、みなさん好きですな〜♡

アオリは、確かQさんとユウカツさんがサクッと1杯ずつ上げたあと沈黙。

狙いたいポイントに入れなかったんだよね。

と、沖を見ると鳥山が!

「イカ釣れね〜しジギングやってみるべ」

これが超楽しかった。

サバジギング
サバの大群が回遊していて、ジグを落とすと10m〜20mで止められる!

もしくは、ジャカジャカ巻いてくるとドーン!と刺さる!

釣れてくるサバもなかなかの良型揃いだった。

イカが釣れないストレスを発散すべくガムシャラになって釣りまくった。
サバたくさん
瞬く間に船上は血みどろの戦場と化した。

ところで、氷持ってきてる?

ない、よね。

ダッシュで陸に上がり、コンビニまで氷を買いに。

大サバ
9割がゴマだったけど一番太いのはこのサイズだもん、美味しく食べるよ。

血みどろになって血抜き作業に勤しんだ方々、大変お疲れさまでした♪


で、イカは、
アオリ
こんな感じ。

2杯くらいは釣れたのかな?忘れた。

まあ厳しいよね。

それよりサバの美味しかったこと。

締めサバ、干物、唐揚げ、どれも大成功の美味しさだった。

(極太以外は脂の乗りがイマイチだったから味噌煮は作らず)

たまにはこういう釣りもいいんじゃない?

 

at 10:55, ガー, イカとか

comments(0), -, pookmark

初釣りから谷間男は健在だった

2014年の初釣りもなんだかんだで行きそびれてしまっていた。

ようやく行けそうな1/18は大原午後船で鯛だ!との目論みも、午前はヒラメで午後船ナシ!?

翌日曜は北風強風の予報だし今週もまたダメかぁ・・・と諦めていたところイカイカ星人から入電。

「こうこうこういうワケで土曜の夜、沼津のマルイカ。どうすか?」

「マルイカ…、と、遠いし何度かやっつけられてるけど…。家でヤケ酒くらってるよりマシなので行っちゃおうかな〜!」


家を土曜の19時に出て、沼津インター下りたのが21時、現地に着いたのが22時ごろ。
160km超だもんね、3時間はみとかないとアブナイや。

江梨沖
23時ごろ戻ってきた前半戦のお客さんと入れ替わり、これから朝4時過ぎまでガンガン釣りまくるぞ、と♪

戻ってきたお客さんたちは、サイズこそ小さいがザルいっぱいのイカをクーラーに仕舞ってみな笑顔だった。

よしよし、おれたちも期待しちゃっていいよね♪

ソクっちゃう感じじゃね、これ♪


前乗りしてたイカイカ星魔王のアドバイス通り直結をセットし、竿は専用がないので湾フグ用を。

パシューンと落としてシャカシャカシャカ!そーっと聞いてくるとモヤッと!!!

・・・

来ない。


まあまあ、一旦電気落としてリセットしたわけだから、再び電気点けてしばらくするとベイトとイカがまたグワーッと集まって・・・。





来ない。




うっそ〜ん!
午前1時

午前1時の釣果。あっちゅーまの3時間。

これ・・・やばくね?

新年早々、アレきちゃった感じじゃね?

「ガーさん!!!今年も谷間男の名に恥じない快進撃だね!」

うるさいわー!!!

あああ、初釣りなのに、前のお客さんはだいたい束ってるのに・・・。


ああ、神よ・・・

空を見上げるとお月さまがニカニカと夜の海を照らしているのであった。


でもって、たまーーーに当たるからすっかり諦めるわけにもいかないんだよね。

しかもそのアタリ(モタレ、違和感等)が一発で獲れればいいが、そんなに甘くはなく。


イカメタルは根掛かりするし乗らないしで、ここは直結をやめて生まれて初めての直ブラをやってみることにした。

これならシェイクして止めたときの感じが、低活性のイカに効くんじゃないか?


イカ釣りとは『瞬発の動きからの静止により捕食のスイッチオン』ではないのか?


かくして、これがイケた!

直結1本でぶっちぎりだった魔王にだいぶ追い付くことができた。

とはいえ、直結が効かないということではなく、直ブラがこのレベルの自分の手に合ったというだけだろうけどね。

あと、湾フグ竿だからオモリを30号から15号に落としたことも良かったのかも。

潮も素直で1度もオマツリしなかった。


マルイカ29杯
100杯釣る予定でいたのに、結果29杯。

魔王に3杯届かずの次頭。

どうよ、この谷間っぷりは。

4時過ぎから新群れが入ってきたのか気休め程度のプチラッシュがあったけど、まぁ〜厳しい1日でしたわ。


そんなこんなで、今年も谷間男ロケットスタートです。

ぶりぶりぴゅ〜っ☆
 

at 21:37, ガー, イカとか

comments(7), -, pookmark

ラストアオリは館山だった

2013年のラストは、29日館山で締めることにした。

富士山
奇跡的にナギて、なんとか出船することができた。

とりあえずブイーーンと上へ。

いつものポイントで1投目、
アオリ
ノーマルのディープタイプにモヤッと。

うほほっ!

これは幸先いいぞ♪ラストアオリはバリバリで終わるか!?

と思ったのはひどい勘違いで、それからぜーんぜん触らなくなっちゃった。

他の船はポツポツ獲れていたから、いいポイントに早く入ったもん勝ちなんだよね。

その後行ってもイカ抜けちゃってるからね。

とはいえ、自分以外はウデがあるので何杯か掛けてオデコはなくなった。


そのうち風も止まりがちになり、本当にアタリもなくなってきた。


「そろそろオカズ獲りましょっか」

カワハギ
館山はカワハギの宝庫でもある。

アオリなんかより魚影が濃くて断然アタリも多い。

仕掛けを落とせばすぐガツガツ食ってくる。

1日中真剣にカワハギだけやればかなりの釣果が見込めるんじゃないだろうか。

しかし、そこは万年ドシロートの哀しさか・・・相手が相手だけに全然ハリに掛からんのであった。

一瞬にしてツンツルテンの連続でカーッと頭に血が昇ってくる。

そんなヘタクソの横で、ホイホイ釣っているのはMさん。

「オモリを底から少し上げて待ってると勝手に掛かるんですよ」

なるほど、宙の釣りだ。聞いたことはある。

マネしてやってみるとチクチクっとアタる。

そこでヨヨヨッと聞き上げてみると・・・ゴゴゴーン!

「できた!できました!」

「あ〜それはカワハギだね〜!」

それぞれ数枚釣ったところで残り時間も気になってきた。

「今何時?オカズも獲れたし、そろそろ戻ってみる?」

館山

朝のポイントへリターン♪

・・・

・・・

・・・

やっぱそんな簡単には触らんち会長。

ロッドを絞るのは自作チューンエギをしゃくるMさん。

上手い人はなにやっても上手い。

それに比べて・・・。

ロッドを新調したり、新しいエギをブッ込んでいるヤツは・・・相変わらずなんだよなぁ〜。

エギ
よし!

来年の目標はウデを磨く!

・・・

今さら言うことじゃないんだけどねw

このシャクリ、このエギ、このタナでイケるはず!っていう固定観念を捨てる!

・・・

それはそれでムリがあるけども、1つにこだわらないっていうことね、つまり。


釣果
自分アオリ2のカワハギ少々、カサゴ、ウマヅラでジエンド。

上のアオリはほとんどMさんのってことっす。


で、えーと、日テレの笑っちゃいけない見てたら年明けちゃったw

お世話になった方々へ、昨年はいろいろありがとうございました。

今年も楽しく遊びましょう。

 

at 00:28, ガー, イカとか

comments(3), -, pookmark

イカ修行は再び暴風だった

12月8日、この日も前からの予約。

またもやイカですイカイカ。

とはいえ、もう拷問はこりごり。

海の中はイカだけじゃないよ。

他にも美味しいお魚いっぱい泳いでるよ。
塩サバ
前日、スーパーで銚子産の塩サバ210円を購入し、サバタンなんぞを作ってみる。

根の荒いところでカサゴをバコバコ釣っちゃるのだ。

「イカ触んねーよー」
「根掛かりした〜」

なんて泣いてる隣で俺だけカサゴ入れ食いという・・・♪

「いいなぁ!ちょ、おれにもやらして♪」

なんて、ね♪

グフフのムフフだなwww



さて、この日は北寄りの風がビュービュー10mオーバー・・・。

灘寄りはそれほどでもないが、沖へ出すほど暴風&激流の最悪コンディションだった。

それでも周りはポツポツ本命を抜き上げていき、ラスト自分だけ取り残されてしまった。

まあそのうち1つくらいは掛かるだろうけど、かなり焦ってしまった。


9時前

相当出遅れた8時49分。

39mの深場でグイーッと。

深いしガンガン流れるしで、取り込むのにやたらと時間が掛かってしまった。


それにしてもこの暴風が恨めしい。

とっととナギるという予報じゃねーの!?

昼前、やや風の緩む瞬間もあったが、予報通りになったのは終了間際のころだった。

ローテした席で、潮先、風の止んだ一瞬の隙を突いて2杯追加。

しかし型モノが出ないんだよな〜。

キロアップのでかいのもきっといるはずなんだけど、警戒しまくってるんだろな。



釣果
結果、5杯で終了。

あれあれ?

誰かの頭から湯気上がってるぞ!?

「たまには負けてやんないとさースネちゃうからな〜!#$%&'*」

どっちがスネてんねんwww


とりあえず新しいロッドでも釣れたし、いまから春イカが楽しみだぜ♪




あ、カサゴ。

暴風→激流なので、パラ入れても50号オモリがあっちゅう間に真横だもんね。

じぇーんじぇん釣りにならず。

アタリやバラシはあったからナギならイケるかも。

サバフグとかエソかもしんなかったけどねー。

 

at 21:36, ガー, イカとか

comments(2), -, pookmark

11月30日のアオリはまずまずだった

11月末日、ずっと前から予約してた勝山出船のアオリ。

勝山
さすがに寒いね。

水温も16度とかだし、厳しい戦いは覚悟の上す。

富士山
朝焼けの富士が美しい。


とりあえず5杯も釣れればバンザイだね。

もう高望みしません。

7時半
7時半にビミョ〜なアタリでナイスサイズ♪

8時
8時、もいっちょ♪

8時20分
8時20分、グイーッと!

派手な動きにすごく反応が鈍いのが残念だが、良いエギで良いアクション入れればイカのスイッチはカチッとONした。

根掛かりだと思って竿をぶん回してたら実は掛かってた、ってのも1度…。

あのエギの墓場で着底即乗りの成否はなかなか難しいもんがある、よね?


一瞬活性が上がったのか、掛かったメスを水面までオスが追尾してガバ〜ッと抱きついたこともあった。

惜しくも、そのオスイカは獲れず。



がんばればそこそこ釣れて、だいぶマッタリしてきた9時50分のこと・・・
魔王顔射
調子こいて連チャンする魔王にイカ墨の顔射攻撃!!!

しかもかなりモロwww

イカの恨みつらみを思い切り吐かれたね。

海の中では仲間が万歳三唱してるよ、きっとwww


なぎなぎ
昼ごろからすっかりナギナギになってしまい、人もイカも活性ダダ下がり。

1〜2杯追加でジエンド。


アオリたくさん
自分アオリ7のモンちゃん2、魔王アオリ11のスミ1だったかな、たぶんそれくらい。

じゅうぶんす、じゅうぶん。


アオリのブログって、もうこれといった新しいネタもないしなかなかペンが進まないんだよな〜。

てへへ汗

at 18:14, ガー, イカとか

comments(3), -, pookmark

食うならモンゴウじゃいグスン

11/3
勝山よりアオリで出船。

港前

11月とはいえまだまだシーズン初期だし、ウブなイカがバリバリ触ってくるはず。


2流し目、
1杯目
ドーーーン!

船中1杯目のレギュラーサイズ獲ったけども。


それからがもう鳴かず飛ばずのスカンピンですわ(素寒貧て漢字で書くと余計くるわ〜ガーンネコ

こんな写真撮ってたらエギが墨染めになってしまい、全然使えねーの。


予報でも無風ナギになるとは分かってたけど、
ナギ
8時ごろから昼前まで無風地獄の刑でしばかれた。

こういうときでもハマれば釣れるんだけど、自分はまーーーーったくダメダメ。

一方、ミヨシのお兄さんがバリバリ乗せちゃったもんね。

上手い人は違うんだよな〜。

見よう見まねでマネしても、おれは全然イカを振り向かせられんかった。

マイッタ。

お手上げ。


そんなこんなで、この日アオリは4つしか獲れんかった。

しょぼ〜。


お隣さんから頂いたモンゴウは大変美味しゅうございました。

モンゴウは皮が硬いから、エンペラやゲソ等をゆでて酢味噌でいくとタコっぽくて本当に美味い。

その点、アオリはゲソの吸盤が当たってねえ、どうも。


食うならアオリよりモンゴウだよな〜♪

・・・

なんて負け惜しみも甚だしいわグスンDocomo_kao19


 

at 21:59, ガー, イカとか

comments(2), -, pookmark