スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

シロギスうめーよ!!!!!

オモリも15号だし、5歳の子供でもなんか釣れるだろ。


そんなカルい気持ちで予約した湾奥シロギス。



結果として、アタリはものすごく多かった!

魚の食い気もものすごくあった!


人のウデが・・・だったw


テンビン2本バリの人には結構メゴチとか掛かってたけど、おれたち1本針にはメゴチ皆無。


ヤマシタのこの1本針の仕掛けがまあよくできてて、オモリから上15cmに枝針。
ハリスは、たぶん30cmくらいかな。

船下で当たらなければ、チョイ投げすれば1投1尾の超高確率でキスが掛かってきた。

エサのたなびき方が良かったんだろうね。


子供無視して釣ってりゃ倍はいく食いっぷりだった。

まーね。でも今日は子供メインだからね。


でだ!


やいのやいのと、昼2時には原木コーナン横に帰ってきた。

とりあえずお互いお疲れさんのアイス食って、家路に着いた。


キス天

数えてみるとキスだけで41尾。

失敗だ。


多すぎ。


小物は30尾以内にとめておけっての(仕込みがめんどいじゃん)。



ひさびさにキス天なんか食べたけど、天ぷらネタでバツグンに美味いね。


ウマすぎてギャフンだった。

カリカリ、フワフワ、ウマ〜。

これを食わずに死んだら、もう。


大型の肘叩きサイズはガーッと刺身に。

キス・昆布締め-刺身
左は昆布締めで、右が刺身。

盛り付けもヤッツケすぎるんですがw、シロギスって魚はクセもなく美味なこと山の如し。


マイッタ。



いま、アクアライン下でのシロギスはノッコミ最盛期!


手のある人なら束いきますよ!


北風吹く前に急げ!

at 23:39, ガー, キスとか

comments(0), -, pookmark

沖釣りデビューはお菓子を食べた

自分の盆休みラストは子供の沖釣りデビューとなった。

原木・洋平丸の「ペアで1万円ポッキリ!」のシロギス。

出船8時の沖上がり13時なので、子供でもギリなんとかなるだろうと・・・。

とはいえ、この猛暑は日陰のない沖では命取りになりかねないので、熱中症対策だけは万全にしていった。


東京湾のどん突きからアクアライン下まで約1時間。

まずは炎天下のこの航程が心配だった。

「暑いからキャビン入ろうか」

そう促しても、

「おじさんいるからやだ」などとのたまいやがって・・・。

爆睡
結局眠気に耐えきれず船べりでバタン。

しょーがねえから、オレの麦わらで日除けなどしつつ・・・。


南風がハンパに吹く中、
アクアライン
アクアライン付近でスタートとなったわけだが・・・。



「ねえ着いたの?・・・お菓子食べていい?」


「おい、ちゃうやろ!まずは魚釣ってからじゃい!」

テンビン仕掛けは手前祭り必至なので、2人とも胴突き1本針とした。

竿、仕掛け、エサ、全てセッティングして、まずはスピニングの使い方からレクチャー。

5歳児だもんね、全てが1から。いや、ゼロから。

「そう、オモリが底に着いたらすぐベイルを起こして、糸フケ・・・糸のたわみをハンドル巻いてとって、オモリを底にトントンってなるかんじで置いとけば・・・」


「オモリってなに?トントンってなに?わかんない」



「・・・・・・・・・ん〜。いや、だからな、オモリってこれだよ、この銀色のヤツ。これをドボーンって落として海の底に着くと、エサが魚の泳いでる近くにいくんだよ。そんとき糸がたるんでたらエサが食われたのがわかんないだろ?だから糸を少し張って、いや、リールを巻くんじゃなくてまずは竿を立てて・・・。立てるっつっても、こっちに倒すなって。それじゃ浮きすぎ・・・」


陸っぱりでハゼやらエビやらでちょっとは経験はあるはずなのになぁ。手取り足取りとはこのことをいうんだな・・・。
まあ説明よりもとにかく1匹釣って感覚で憶えた方がいいだろう。

そのうち、向こう合わせで何か食い付いた。

「あああ、おもいよ〜」

ガッコンガッコン三角巻きで上げた最初の獲物は、
ファーストヒット
手の平サイズのヒイラギだった。

まあいい、今日はエサ付けと針外しはやってやるから、アタリをとって魚を引っかけてを繰り返すのが「釣り」だから・・・。

なるべく干渉しないようにとも思うのだが・・・。

着底しても糸出しっぱなし。

あたっても数秒後にのんびりダダ巻き。

モンダイ他いろいろで、ちっとも「魚釣り」になってないんだなぁ。

つい、悪い癖でいちいち口を挟んでしまった。

今思えば、見なきゃいいんだけどね。


「周りますから上げてくださーい」

という船長のアナウンスにも

「んもう、これからだったのに・・・」だと。

落とせばそこそこアタリはあるし、飽きない程度に釣れるのに子供はすぐ飽きてしまう。

いろいろ駆使してどうにか1匹釣ってやろう、という気合いなんて微塵もない。



おっとっとに始まり、サンドイッチ、おにぎり、
ポテロング
これはポテロング、


プリン
シメはプリンと思いきや、とっておきの納豆巻きをリクエスト。

沖にいる半分は、とにかくパクパクなんか食ってた。

いや、何をしようと楽しいのが一番なのだ。

ただ、お前が釣りをせんとオトンが倍がんばらなアカンやん。


5歳児に求めすぎるな、オレ!

自分にそう言い聞かせても、着底すら気付かずボケーッとしてるのにはさすがに声を荒げてしまった。

そのたんびに自己嫌悪・・・。

はぁ、しんどい・・・。




だいたい釣りなんて人から強要されてやるもんじゃないのだ。


ましてや、親に評価されるためにやるもんじゃない。


単純に、魚が釣れて楽しい!、そう思って自主的にやるものだ。


お菓子を食い続けるのもキャビンでゴロゴロするのも容認することにした。


ああもう好きにせい。


また釣りがしたくなったらエサ付けてやるわい。



今のうちに晩のおかず!!!と猛ダッシュでアタリをとりまくった結果、キスだけで41尾。

うち、子供がまともに釣ったのは2〜3尾じゃなかろうか(オカンに「ぼく10匹くらいつったよ!」と言っていたが、魚が掛かってる竿を手渡しただけ)。


外道でヒイラギ多数、キュウセン、セイゴ、
カワハギ
ちびカワハギなどで終了。




これでうまくいけば、秋の大原真鯛・浅場の数釣りなんかを一緒に行こうと思ってたのに、ちょっとまだムリみたい。

それからもう一つ、まだ背が低くてデッキに座っても足元のクーラーに立っても物理的にとーーーっても竿を出しづらいんだよねえ。

鯛はもうちょっと大きくなってからね♪



この日のぼくちんはまあ、食いまくっていた。


キス天つまみ食い
最後は揚げたてキス天のつまみ食い。

シャワー浴びる前に腹を満たしとくんだとさ。


本日は大変おつかれさまでした!



at 22:24, ガー, キスとか

comments(6), -, pookmark