スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

4歳児と釣りに行き、オヤジもいろいろ考えた

「おとーしゃん、めーたハジェちゅりたい!」

連休初日の土曜日の朝は、メイタの思いつきで江戸川放水路へハゼ釣りに。

昼からとの雨予報は大ハズレで、朝からショボショボ降ったり止んだりだった。

この天気じゃボートはおろか桟橋釣りの価値もナシと判断し、陸ッパリでの投げ釣りでやってみた。

陸ッパリでノベ竿は短いしな〜と、竿は持ってる中で一番長くてハゼのアタリも取れるニットウの真鯛スペシャルを出した。

3号程のオモリをぶん投げて、チョイチョイと底をサビいてくるとカリッ!とかブルッ!とかくるのがよーく分かる。本当にいい竿だ。

「おとーーーしゃん!!!自分で釣れたよ!!!」

4歳の子供もこれで3匹釣って大満足。

1時間ほども遊んだだろうか、雨も止まずメイタの手を触るととても冷たくなっていたので、計6匹で撤収した。

こんな雨の中でもウエーダーをはいて長いノベ竿を出している数人のおじさんたちは、全く帰る素振りを見せなかった。

釣った6匹のハゼはマゴチのエサにちょうどいいサイズだったが、全て唐揚げにして食卓に。

子供が自分で釣って捌くのも少し手伝って、最後には口に運ぶという一連の過程を踏んだのは今回が始めてかもしれない。

早く一つテンヤの真鯛に連れて行きたいが、あの長い時間を飽きずに続けられるとは到底思えず、う〜ん、やっぱ釣り船はもうちょいかな〜と。



というのがこないだの話で、1週間たった今日、また同じ場所へハゼ釣りに。

今回は桟橋を有料で借りて、足場のいい所でしっかり釣るのだ。

9時ごろから、せめて14時くらいまでは粘りたいところだ。

の、ハズが・・・。

釣れた時には
ハゼ
写真など撮って楽しんでいたのだが・・・(↑iphone4で撮影)。

前回と同じように数匹釣った時点でもう満足してしまったのか、落ちている貝殻を投げたり魚の入っている黄色いバケツの中をグルグルかき混ぜて遊び始めた。

こいつには1時間が限度なのか。

ちゃんと釣りせんかい!と竿を持たせるも、竿先に糸がからんだままリールを巻いたりしているのを見て、つい怒鳴ったりしてしまう自分がいて、まじめに釣りをしない4歳児にどうにもイライラしてしまうのであった。

「おとーしゃーーーん、もうかえるのがいいとおもうよ〜」

学校から聞こえる昼のチャイムを聞いてさっそく帰ろうコールだ、ったくもう。

まだバケツの底が見えるやんか、せめて30匹は釣って帰ろうと説得するも、飽き飽き度は増すばかりで桟橋の上を一人でフラフラ走り始めたからもう、こりゃイカンぞ、と。

わかった、わかった帰ればいいんでしょ帰れば!!!

せっかくのオヤジの休息も昼過ぎにはジエンドで、20匹そこそこを渋々持ち帰り。



竿を手にじっくり魚と対峙する。

釣りというこの楽しみを、いつになったら本当に分かってもらえるのだろうか。

「めーた、バケチュのしゃかなちゅりたい〜!」

オヤジは時に絶望的にすらなってしまうのであった。

at 00:52, ガー, ハゼとか

comments(6), -, pookmark

江戸川放水路のハゼは釣れたのか。

昨日の土曜日、メイタと江戸川放水路のハゼ釣りに行ってきた。

結果からいうと、かなりしょぼかった。

いい時には100匹なんて楽勝なのに、アタリが遠い遠い。

ポイントの選定ミスか、潮の具合か・・・。

魚はいるにはいるんだけどねぇ。

水面までエサを追っかけてくるような高活性でもなく・・・。


まあ、子供とカカアのエサ付けと魚外しにかかりっきりで、真剣に自分の釣りができなかったというのもある。

haze-meta.jpg

が、それでもココ!というポイントにハマれず、ずっと走り丸で釣れないときの船長の気持ちが少しわかった。

しまいには、

「おとーしゃん、つれないよ〜」

「えしゃとられないよ〜」

「あきてきた〜」

「こうえんであしょびた〜い」

「もうかえろうよ〜」

出船7時、ときおりお菓子やジュースでごまかしてきたものの、コイツには10時半が限界だった。

haze30.jpg
3時間でこんな釣果じゃ、まあしょうがないわな。

桟橋に戻り、2人を降ろしてから桟橋近くの浅場にアンカリング。

11時ごろ、下げ切った潮が少しずつ上げ始めるにつれてポツポツと釣れだした。

3本竿でなんとか20匹くらい捕って、なんとか合計50匹くらいにはなったか。

よし、やっぱ一人の方が集中できていいわ〜!この調子でがんばるぞ!と思いきや、今度は桟橋からの帰ろうよ〜!コールに急かされて、昼前に渋々納竿。

まだ6月だし、ちょっとフライング気味だったかな?

マッチ棒サイズからデキハゼまで、50匹ほどのハゼは全て唐揚げに。
haze-beer.jpg
やっぱ小さければ小さいほど骨が当らなくて食べやすいよね。

子供には大きめのハゼは食べづらかったみたい。



at 12:09, ガー, ハゼとか

comments(4), -, pookmark